手話通訳士試験

手話通訳士試験

もう10月です。

そういえば、昨日、一昨日と手話通訳士試験がありましたね。

今日気づきました。

最近訪問者が増えていたのはそのせいでしたね。

検索ワードも「手話通訳士」がトップでした。

さて、最近の出来事ですが・・・

そうですね、クラスの生徒と部活のことでいっぱいいっぱいですね。

あとは体育祭と文化祭と家庭と・・・

毎日大変ですが、充実しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手話通訳士試験

おはようございます。だんなです。

今年も開催されます、手話通訳技能認定試験。

10月2日、3日にありますね。

2日は1日部活。

3日は1日ボランティア。

休みがないなぁ。

3日の様子はまた後ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手話通訳士・合格への道⑳

ぐりたろう(妻)ですscissors

なかなかPCに向かう時間もないのですが、少し時間ができたのでflair

というか、だんな様しか登場しないのは悔しいのでbearing

以前、「読み取り通訳試験に関するコツ」についての記事が書きかけだったので、書きたいと思いますsweat01

この1つ前の記事は↓

手話通訳士合格への道・⑫をご覧くださいpaper

***実技試験編・その⑦***

②日本語の語彙を増やす

◆日本語の語彙を増やすメリット◆

・手話表現としては長いものでも、的確な日本語1語で通訳できることも多々ある。

   →語彙が豊富だとスッキリした分かりやすい表現を、短時間でできる。

   →読み取りが遅れる、ということを防ぐことができる。

   →余裕を持った通訳ができる。

・語彙選択にかかる時間が短縮される。

・1つの手話単語であっても、文脈や状況(TPO)によって対応する日本語を変える必要があるので、語彙が豊富だと、より適切・的確な通訳ができる。

・本当に的確な日本語が見つけられない時でも、近似した日本語を探し出して通訳することができる。

読み取り通訳試験の問題VTRはろう者の自然な手話で、試験という焦りもあってか、スピードが速く感じますdash

そのため、適切な日本語を瞬時に選び出し、音声に変える必要があるわけですpaper

また、試験は2問出題されますが、1問目でつまずくと精神的なダメージを2問目に引きずり、2問目も撃沈bomb なんてことにもなりかねませんshock

なので、1問目をうまくクリアするためにも、頭の回転を早くして、パパッと語彙を選んで通訳する必要があると思いますsweat01

では、語彙を増やすためにはどうしたらよいのでしょうか?

私なりの考えです↓

・ある手話表現を日本語にする時、何パターンかの日本語を考える。

・四字熟語や慣用句、カタカナ語、多くの漢語を身につける。

・いつでもどこでも、「電子辞書」を持ち歩き、分からない言葉や気になる言葉があればすぐに調べる。この日頃の積み重ねがとても大切。

   →その際は、類義語や対義語もついでに調べる

・新聞や雑誌、テレビに触れるとき、ボーっとしていないで、言葉に敏感になる。ちょっと聞いて少しでも分からない言葉は調べる。

・誰かが日本語通訳した日本文、または自分が1度した通訳を、別の言葉を使って言い直す(書き直す)。

語彙は一朝一夕に増えるものではありませんthink

言葉に敏感になり、まずは知り、そして実際に使うことで自分の言葉として身につけなければ、試験の時ばかりでなく、通訳現場でも活用することはできませんcoldsweats01

| | コメント (1) | トラックバック (0)

統一試験まで・・・

統一試験まであと3週間をきりましたね

統一試験当日について、以前にも書いたものをもう一度アップします↓

昨年(一昨年ですが)の12月に、「全国手話通訳者統一試験」を受験しましたpencil

もちろんだんな様と一緒にですnotes

嬉しいことに、二人で合格を手にすることができたわけですが、今思うと、合格にはいくつかの コツ があったような気がしますfuji

そこで今回は、試験に関する心構えというか、準備について書きたいと思いますhappy01

まず、事前の学習方法ですが、これは、現在挑戦中の「手話通訳士」の試験勉強方法と変わりないので、前々回の記事をご参照下さいflair

筆記試験は、とにかく繰り返し勉強して、間違えて、覚えていくしかないと思いますsweat01

実技の練習については、場面通訳の練習を念入りにすると良いと思いますrecycle

できれば過去問を使って、読み取りと聞き取りの切り替えがスムーズにいくように慣れておくべきだと思いますpaper

当日の場面通訳試験は、部屋の中で一人でカメラに向かって試験を行うわけですから、非常に緊張しますshock

おそらく、実力すべてを出すのは難しいでしょうdash

ですから、事前に繰り返し練習する必要があるのですrun

それから、当日の心の準備もとても大切だと思いましたdanger

そのことについて詳しく書こうと思いますpaper

 ① 体が温まるグッズを持っていくspa 温かい飲み物やカイロ、膝かけなどfoot

 ② 待ち時間をつぶせるグッズを持ってい行くchick お気に入りの本は、気持ちも落ち着きますheart04

 ③ 試験の方法をよく確認しておくeye タイムテーブルはもちろん、入退室の仕方や、実技試験の具体的な進行方法など、受験経験がある人に話を聞いておくとよいでしょうflair

 ④ 顔の体操をするdelicious 緊張すると顔の筋肉がこわばり、手話も硬くなりますし、受験者や試験官とのコミュニケーションも取りにくくなり、さらに緊張が強まってしまいますsweat01 笑顔を作ったり、手で顔をマッサージするのも良いと思いますgood

 ⑤ オリエンテーションで疑問に感じたことは、ささいな事でも質問し、解決するup 小さな心配があると、試験に集中できませんbearing 「聞くは一時の恥。聞かぬは試験失敗への道。」というわけですbomb

 ⑥ 場面通訳で 「失敗したbearing」 「ついていけないwobbly」 と思っても、気にせず続けるrun つっかえても止まらずに頭を切り変えて通訳し続ける技術というものも必要なのかなぁ、と思いますsmile  実際私も通訳できない個所や遅れたところもありましたが、何とか合格できましたのでcoldsweats01

  ⑦ 面接は、各県で内容の違いが大きいようですdash ですが、とにかく落ち着いて、ゆっくり答えることが大切だと思いますclover 長く答えるよりも、きちんと考えを整理して、はっきりと答えることが求められるのではないでしょうかclip

ちなみに私が受験した I 県の面接の方法は↓

 1.テレビ画面に、ろう者が映し出される

 2.ろう者が話をする(確か、県内の状況の説明だったと思いますsweat01

 3.突然、質問される「手話通訳の仕事とは何ですか?」というものでしたkaraoke

 4.「5分以内で答えて下さい。」と指示がある。

 5.考えてから、カメラに向かって回答する。

私は、4のところで問題が提起されてからすぐに、「声つきで手話をするのかどうか」 について試験官に質問しましたが、「どちらでもいい。」と言われたので、手話のみで回答しましたpaper

これくらいでしょうか・・・confident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

場面通訳試験分析H14

おはようございます。だんなですpaper

今日は14年度です。テーマは「防災学習会の場面」です。

◆最初の映像では、6人の人が横1列に座っていて、消防の人がドアから入ってきます。映像からは、複数人いる場面通訳だということが分かります。最初の映像だけでは、ろう者がどの人かは分かりません。

以下、おおまかな流れです。

消防;消防署の○○といいます。防災について考えます。災害には、地震、台風、局地的な大雨などがある。事前に備えられるのは台風。

ろう者A;とくに何も備えていない。テレビの字幕を見る。

ろう者B;食料や、飲み物を備える。お風呂に水をためておいて、緊急時にトイレに使用。

消防;他には?

ろう者B;以前は何も考えていなかった。近所との付き合いも大切。

消防;情報は大切。市町村の、災害本部が1軒1軒まわったり、FAXする時もあるが不十分。

   情報を得るためにしている工夫は?

ろう者B;隣の家の人から筆談、福祉事務所からFAX。

ろう者A;テレビやメール。

消防;台風の時は、そのような準備が。地震の時は?

ろう者B;台風の時の同じ。その他、タンスが倒れないようにするなどの工夫。また、非常時の家族の集合場所(避難場所)を相談して決めておく。

消防;災害の時は事前の準備、身の安全は自分自身で守る。近所付き合いも大事。

    備えあれば憂い無し。

以上のような流れです。

◆申し訳ありません。以前、ろう者は1人しか登場していないと書いたのですが、H14では2人のろう者が登場します。しかも消防署の人 対 ろう者2人のような感じになっていて、他の聴者は一切発言をしていません。

◆消防の人は、H15の医者と同じように、1単語1単語はっきりしていて聞き取り通訳がしやすいのですが、ろう者の手話表現は少し読みにくいところもあります。

そんなときは、やはり読めなかったものは飛ばして、読めるところだけをひろって日本語の文にしましょう。ごまかしの技術も大切です。今回のは、ろう者Bの発言を、どこまで要約するか、どこまでごまかすかがポイントかもしれません。

◆今回のテーマは「防災」です。防災に関する用語、「災害」「台風」「地震」「避難」などの単語が必要ですね。ろう者の生活で困難が生じそうな場面の実態を知っておくとよいでしょう。

・福祉事務所からFAXの連絡がある。

・携帯メールやテレビ字幕で緊急情報を得ることができる。

・緊急の時のためにも近所づきあいが大事。

などです。

◆1軒1軒まわる、FAXを1軒1軒送る。というような手話は、場所を分けて分かりやすくしたいですね。

これまで、過去5年の場面通訳を見てきましたが、それぞれ、「子ども会」、「就職相談」、「エレベーター工事」、「医療」、「防災」のように、ろう者の日常生活に関したテーマがほとんどでした。

その他にも、「政治」、「福祉」、「介護」、「保険」、「年金」、「税金」、「家庭」、「スポーツ」などのテーマに関した手話単語、ろう者に関する問題などを確認しておくとよいと思います。

今調べたら、13年度は「(痴呆の母の相談)介護」、18年度は「同窓会の会場予約」、20年度は「中学3年生の個人面談」だそうです。

とりあえず。場面通訳の分析は今日でおしまいです。

もしご質問ご意見等ありましたらお願いします!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

場面通訳試験分析H15

おはようございます。だんなですpaper

今日は15年度です。テーマは「健康診断の結果説明場面」です。

◆最初の映像では、女性(聴者・医者)がもともと座っていて、健康診断の結果の説明を受けに来たろう者が対面に座ります。映像からは、1対1の場面通訳だということが分かります。

以下、おおまかな流れです。

医者;ろう者の名前を呼ぶ。

ろう者;対面に座る。

医者;名前の確認、

ろう者;健康診断をしたが不安なので来た。

医者;少し異常があるため、精密検査が必要。

ろう者;具体的には?

医者;血液検査に異常値。検尿、検便、さらに詳しい血液検査。

ろう者;体のどこが悪いのですか?

医者;肝臓の機能が弱っている。アルコールは飲む?

ろう者;1週間に2回程度。やめた方がいい?

医者;できれば控えた方が。あとで精密検査の説明。

ろう者;これからの生活で注意しなければならないことは?食事や運動は?

医者;いつもと同じでいいですが、アルコールは控えましょう。

   再検査の結果を見て。検査は、早期発見、早期治療に必要です。

以上のような流れです。

◆医者の話し言葉も、ろう者の手話表現もそれほど早くはなく、通訳しやすい場面だと思います。

◆医者役の人は、1つ1つの単語がはっきりと発音されていて、聞き取りやすいです。

◆ろう者の手話はろう者風の手話ですが、見やすい手話なので、落ち着いて読み取れば大丈夫だと思います。

◆医療関係ということで「検尿」「検便」「精密検査」「血液」などの単語が出てきました。医療関係の単語は様々あるので、パッと出てくるようにしておきましょう。

その他には特に気になったことはありませんでした。

やはり、1対1の場面の方が通訳しやすいようです。

それではまた次回。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

場面通訳試験分析H16

おはようございます。だんなですpaper

今日は16年度です。テーマはマンションの「エレベーター改修工事説明会」です。

◆最初の映像では、会議のようにロの字に机が並んでいて、6人が座っています。男の人が手を動かしているので、ろう者だと分かります。その後、業者の人が来て、司会者の隣に座ります。タイトルの「説明会」、最初の映像からは、複数人の場面で、業者の人が説明をし、それに対して住民が質問をする場面だということがうかがえます。

以下、おおまかな流れです。

司会;今日は、エレベーター改修工事の要望や意見をお願いします。

業者;自己紹介(会社名、名前)

司会;意見は?

聴者A;工事の期間は?

業者;来年6月~12月

聴者B;北エレベーター、南エレベーター、同時に工事?

業者;片方ずつ。

ろう者;エレベーターに窓がない。窓がついていたら、緊急時にも外の人と話せる。工事の時に設置できるか?

業者;予算に問題。

ろう者;窓があれば、ろう者だけでなく、他の人も安心できる。

聴者C;バリアフリーの考え方も広がっている。

司会;相談してみます。

    今日のところはこれで終わり。

以上のような流れです。

◆内容的には短いですが、今回登場しているろう者は、はっきりとした口形がありません。また少し読み取りにくい手話です。特に「窓」という表現が読み取れないと、全くわけのわからない通訳になってしまいます。とういうより、頭が混乱してしまいます。ろう者の日常生活で生じる困難な場面を知っておくとよいでしょう。

◆例えば、エレベーターが止まってしまった時、ろう者は声でやりとりができません。外とコミュニケーションを取るために窓があると便利です。他にも、電車などの公共交通で生じる問題、職場で生じる問題、災害など緊急時に生じる問題、など確認しておくとよいでしょう。

◆でも、もし分からない手話単語が出ても通訳しなければなりません。そんな時は慌てず、読み取れた手話を使ってできるだけ自然な日本語にしましょう。

その部分の通訳が失敗してしまったとしても、全体的に見て悪くない通訳であれば、合格できると思います。

◆6月~12月のように期間を表す部分は、空間を活用した表現ができるように練習が必要です。

◆「南エレベーター、北エレベーター」、「同時に工事をする。」、のように場所を区別する練習が必要です。

◆カタカナ語、「バリアフリー」が出てきました。これは必須単語ですね。模範解答の中には少し違っている人もいました。しっかりと覚えておきたいですね。

それではまた次回

| | コメント (1) | トラックバック (0)

場面通訳試験分析H17

こんばんは。だんなですpaper

18年度の映像がなかったので、今日は17年度です。申し訳ありませんdespair

17年度のテーマは「ハローワークでの求職相談」です。

◆最初の映像では、男性(聴者)がもともと座っていて、求職相談に来たろう者が対面に座ります。映像からは、1対1の場面通訳だということが分かります。また、求人票も映し出され、求人票に基づいて話が進むことが分かります。

求人票には「職種」、「仕事の内容」が記載されてあります。

以下おおまかな流れです。

ろう者;この会社はろう者でも大丈夫ですか?

聴者;大丈夫です。

ろう者;求人票に記載されている仕事の内容について聞く。

聴者;具体的な仕事の内容を伝える。(データ入力など)

ろう者;データ入力は、前の会社で経験済みです。

聴者;パソコンの経験はありますか?

ろう者;あります。

聴者;Word、Excelは大丈夫ですね。資格はお持ちですか?

ろう者;持っていません。IT講習会を受講しただけです。

聴者;簡単な文章の打ち込みは大丈夫ですよね?

ろう者;大丈夫です。資格は必要ですか?

聴者;求人票には書いていないので大丈夫です。確認してみます。

    前の職場でのコミュニケーション方法は?

ろう者;口形を読み取る。通じない場合は筆談。

聴者;他に聞いておきたいことは?

ろう者;正社員が希望です。また、会社内にろう者はいますか?

聴者;会社面接の時に聞いて下さい。

以上のような流れです。

◆H17では、聴者とろう者の1対1の場面ですので、比較的読み取りと聞き取りの切り替えがしやすいように思います。

◆ろう者の職場実態に関する知識があると、通訳しやすいと思います。

例えば、ろう者に多い仕事は何なのか、職場でのコミュニケーション方法はどうしているのかなどを知っておくとよいでしょう。

ろう者の職場でのコミュニケーション方法としては、以下のような方法が考えられます。

・聴力が軽い人は、口話でやりとりをする。

・ろう者からは口話で伝え、聴者からは書いてもらう。

・誤解が生じないように、全て筆談でやりとりをする。

また、仕事としては、事務系の仕事が多いことから、「データ入力」、「ワード」、「エクセル」などの、パソコン関係の手話を知っておくとよいと思います。

カタカナ言葉は手話単語を知っておくと、いちいち指文字で表さなくてすむので、時間短縮になります。

◆H17のろう者も手話はゆっくりで、口形もはっきりしています。手話表現や口形は単語単語で表出されているので、すぐに声に出してしまうと、自然な日本語の文になりません。1文を見てから、声に出しても間に合うと思います。

◆ただ、あまりにゆっくり表出していると、次の発言が始まってしまいます。

できれば、少しためて頭の中で整理して、実際の表出はスピーディーにというのが理想です。

◆今回の場面通訳では、ろう者の日常に関した通訳です。日頃からろう者と接し、日常に関する様々な手話単語に慣れておくのが大切ですね。

ご質問、ご意見がありましたらお願いします!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

場面通訳試験分析H19

こんばんは。だんなですpaper

ハッピーさんからコメントをいただいたので、場面通訳をもう少し詳しく分析したいと思います。20年度は資料がないので分かりません。

今日は19年度です。テーマは「子ども会役員会」です。

以前も書きましたが、

まず、試験の方法が映像で提示されます。

タイトルのあと、会議場面の最初の映像が出てきます。

◆場面のタイトルと最初の映像で、ろう者と聴者の1対1なのか、会議のような複数人の場面なのか分かります。19年度の場合、最初の映像で、会議の人数(5人)、誰がろう者なのかが分かります。これで心構えができますね。

その後、受験番号と名前を手話と音声で表現します。

◆このとき間がかなりあります。時間にして、20秒強はあります。ここで、受験番号と名前をあっという間に表現してしまうと、沈黙の時間がとても長くなってしまいます。この沈黙が緊張を高めます。なので、深呼吸してから落ち着いて受験番号と名前を表現しましょう。

◆会議のような通訳の場合、ほとんど司会などの聴者から発言が始まります。(過去問もすべてそうなっています)。なので、聞き取り通訳から始まるという心構えでいると、慌てないと思います。

①司会;今日の議題「バザーについて」。

②ろう者;期日と会場の確認。

③会場について、司会者とろう者のやりとり。

④聴者A;バザー内容の提案(手作りクッキーと不用品販売)。

⑤ろう者;クッキー作りの担当について。

⑥聴者AB;作り手の募集を買って出る。

⑦聴者A;クッキーをどこで作るのか?

⑧ろう者;個人の家で作って持ち寄りましょう。

⑨聴者B;作る数と袋詰めの方法は?

⑩ろう者;袋の数を昨年の倍に。袋詰めする場所は?

⑪聴者A;前日に袋詰めの必要?

⑫司会;前日会場が借りられるか確認します。

⑬ろう者;お菓子の材料費は立て替えて、あとから清算がいいと思う。

⑭聴者B;領収書は会計まで。

⑮司会;会議終了。次回の予告(お知らせ文やポスターの案)

◆このように内容を追ってみると、登場人物がまんべんなく話していますが、一度に話す時間としては、ろう者が長い気がしました。

◆ろう者の手話は、対応的で口形も多くついているので、落ち着いて見れば読み取りやすいと思います。

◆ろう者の手話がゆっくりなので、少しためてから通訳しないと不自然な日本語になることがあります。手話がゆっくりな分、手話が表現されてすぐに言葉に出してしまうと、文がぶつ切りになってしまい、意味をとらえた文になりません

◆極端に言えば、長く手話表現されていても、それほど多くの内容を言っているわけではないので、一文すべて見てから通訳しても間に合うかもしれません。

◆逆に、聴者の発言は、聞いてすぐに通訳を始めたほうがいいと思います。聴者の発言が終わるとすぐに、ろう者の発言が始まることもあります。

一番いいのは、実際の試験問題映像を見てみることです。地域の聴覚障害者情報センターなどで借りられるかもしれません。探してみてください!

19年度についてはざっとこんな感じです。

18年度以前についてはどうしましょう・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

手話通訳者統一試験・場面通訳試験

こんばんは、だんなですpaper

3夜連続シリーズ:「統一試験合格への道」第3部(最終回)ですmoon1

今日は、場面通訳問題についてです。

実は、過去の統一試験の解答例のビデオに私が出ていますsnail

試験終了後、何ヶ月かして、突然県の聴覚障害者センターから電話がかかってきて、私の映像を解答例としてビデオに収録したいとのお願いがあったのですtelephone

「解答例のビデオに出られるくらい頑張ろう」という気持ちでやったのですが、まさか本当に依頼がくるとは思いませんでした。。。

まぁそれは置いといてbanana

まず試験の流れです~

まず、試験の方法が映像で提示されます。

場面のタイトルのあと、場面の最初の映像が出てきます。

その後、受験番号と名前を手話と音声で表現します。

「それでは、始めます」の音声のあと、すぐに映像が流れて、場面通訳が始まります。

というような流れです。

映像の中には、ろう者も聴者もいて、ろう者が手話で話している時は、読み取り通訳、聴者が話している時は聞き取り通訳をします。

場面通訳で大切なのが、まず落ち着くことです。

タイトル・最初の場面が提示されてから、場面通訳が始まるまで、結構な間があります。この間をうまく利用して、自分を落ち着かせたり、通訳内容の予想などをするとよいと思います。

また、読み取りと聞き取りの切り替えが結構慌てたりします。

切り替えの時も慌てないように、「ろう者が話した後は聴者が話すぞ」というような心構えをしておくとよいでしょう。

次に、大切なのが、「ため」です。

ご存じの通り、通訳において、「ため」というのはとても大切なものです。

ろう者の手話を自然な日本語にする。

聴者の日本語を自然な手話にする。

自然な言語に通訳するためには、「ため」をしなければいけません。

しかし、これは試験です。試験に受かるための通訳であり、完璧な通訳をしなければいけないというわけではありません。

また、緊張しているので、ためすぎてもかえって混乱してしまうおそれもあります。

そこで、私がお勧めしたいのは、「少しのため」です。

「少しだけためてみよう」ぐらいの心がけで通訳をすると、合格基準に達するのではないかと思います。

ろう者の手話、聴者の手話を正確に表現しなくてもいいのです。

省けることは省いて、内容を的確に通訳するのです。

何だかだらだらと書いてみましたが、やっぱり大切なのは練習です。

用意できれば過去問をやってみるとよいでしょう。

どこかに私がいるかもしれません。。。

実技試験について質問があれば、コメントにお願いします。

筆記試験については、過去ログをご覧ください。

通訳士試験とほぼ同じような勉強をしました。

左の「資料」のところに、私が作成した年表があるので、もしよければお使い下さい←

それではおやすみなさい

| | コメント (3) | トラックバック (0)