手話もろもろ

手話通訳者の資質

先日、掲示板に手話通訳者の資質について書き込みがあったので、少し書きたいと思います。ネタの提供ありがとうございました。

掲示板の書き込みはなぜか消えてしまいましたが、掲示板にも同じものを書き込みました。

手話通訳者に必要なものとして挙げられるのは、手話の技術や言語的なセンス、様々な知識などがあると思います。

その他にも大切なものとして、「誰にでも慕われる」ということがあると思います。

これは聾者、聴者関係なくです。

手話通訳というのは聾者に対しても聴者に対しても行われます。

嫌われている手話通訳者と慕われる手話通訳者

どちらの手話通訳を受けたいでしょうか。

どちらの手話通訳者の技術を参考にするでしょうか。

どちらの手話通訳者から手話を教わりたいでしょうか。

どちらがより多くの聾者と交流しているでしょうか。

当たり前ですが手話通訳者は人間性も必要ですね。

みなさんは手話通訳者の資質についてどのように思われますか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

手話の指摘

掲示板で手話の指摘について書き込みがあったので、少し書きたいと思います。ネタの提供ありがとうございました。

掲示板の書き込みはなぜか消えてしまいましたが、掲示板にも同じものを書き込みました。

よく初心者の手話学習者の手話に対して、聾者が指摘することはもちろんありますが、聴者から指摘することもよくあります。

さて、その手話の指摘に対してどのように受け止めたらよいでしょうか。

手話はこれが絶対正解というのはありません。

年齢や性別や地域によって手話はまちまちです。

例えば群馬では「地図」の手話を「行政」の手話で表します。

これは辞書には載っていません。

辞書に載っている手話が、必ずしも正しいとは限りません。

手話の指摘が正しいか誤っているかはひとまず置いておいて、まずは素直に受け止めましょう。

その後、他の人に確認しても良いですし、その地域ではその手話を使えば良いと思います。

私も、東京で手話を使うときと、地元で手話を使うときは使い分けています。

大切なのは、

1.お互いの伝えたいことがきちんと伝わる。

2.標準的な手話はあっても、手話にはこれが絶対というものはない。

ということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講演会に行ってきました

ぐりたろうですcatface

今日は、だんなと娘(7ヵ月)の3人で講演会に行ってきましたrun

お天気も良く、うらら~notesと楽しい気分でsun

今回の講師は、早瀬憲太郎さん&久美さんですgood

テーマは「二人のトークショー ~夢をあきらめないで~」ということでしたpencil

内容は、お二人の生い立ちと、現在、といったところでしょうかpaper

仕事の事や、映画『ゆずり葉』の事など、あっという間の2時間でしたconfident

通訳さんは、いつも早瀬さんの通訳をなさっている方がいらしたようで、流石に聞きやすい上手な通訳でしたshine

四字熟語やカタカナ語も効果的に使い、且つ、声色やスピードを変えたり、本当に慣れているなぁという印象up

ただ気になったのは、早瀬さんが言っていないような事も、言葉を付けたしまくって通訳していたかな、という点coldsweats01

単語が増えた分、ぎっしりとした通訳になっていましたが、「おいおい、そんな事まで言ってないでしょsweat01」と思わずつっこみたくなるような場面もありましたdash

きっと、慣れているからポンポン言葉が出てくる分、余裕が生まれて余計なことも付け足したくなってしまうのでしょうねdown

自戒の意も込めてですが、あくまで「通訳」なので、講師の言葉を的確に日本語訳することは大切だなぁと考えさせられましたbud

ところで、お二人は、「映画制作」「薬剤師」という夢をそれぞれ叶えられたわけですが、さて私の夢は何だろう・・・と考えていましたrecycle

私の夢・・・夢というか、私にできること、やらねばならないこと、のようなもの・・・

それは、「子育ての楽しさを伝えること」「子育てが楽しくなるコツを広めること」なのかなぁ、と思いましたconfident

4月に出産して以来、本当に娘が可愛くて、育児が楽しくて仕方ありませんheart04

確かに、夜中の授乳や家事と育児の両立などしんどいこともありますが、育児の楽しさはそれをかき消すのに十分で、幸いなことに今まで「育児がツライ」と感じたことはあまりないのですcherry

それは、だんなや両親、子育て支援センターの方、街ですれ違う人など沢山の人の支えがあってのことですが、私自身の行動・思考パターンもあってかなと思っていますcoldsweats01

子育てについて書いていたら、もう少し書いてみたくなったので、また今度書きますchick

| | コメント (0) | トラックバック (0)

♪月曜男さんより♪

私たちがいつも見ている「静岡県聴覚障害者情報文化センター」の月曜男さんより、以下のようなお知らせをいただきましたので、私からも改めてhappy01

************************************

こんにちは
月曜男の手話語りの読取りを利用してありがとうございます。
静岡のアイドル「月曜男」がNHKみんなの手話に登場します☆彡
以下、放送予定です。ぜひ、ごらんください

月曜男紹介
NHKみんなの手話
放送 一回目 4/19(日) 19:00~19:25
 再放送
  4/25(土) 11:15~11:40
 内容
  月曜男収録風景、インタビュー、カットインコウゾウでの仕事風景など
放送 二回目 4/26(日) 19:00~19:25
 再放送
  5/2(土) 11:15~11:40
 内容
  月曜男の手話語り 今までにおもしろかったもの(二本ぐらい放送)
 どちらも5分程度。
 番組内で最後に放送予定ですo(^-^)o

頑張って下さい。

************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手話の上達

先日、私が卒業した大学の手話サークルの、卒業生を送る会に参加してきましたcake

そこでろう者と話していて、「手話の使い分け」のことに話題がおよびましたpaper

: 「ろう者同士の会話って、見ていてすごく面白いよね。自然な手話だから、見ていて盗めることも多いしup

: 「そうそう。話相手が聴者だと、相手の手話レベルを見て、どういう手話で話すか決めてるよsweat01

: 「やっぱり、そうだよね~wobbly

以前私も、「ろう者は、相手の手話レベルに応じて、気を遣いながら不自然な手話で話す」というようなことを書いたと思いますが、まさにそれだsign01と思い、話が盛り上がってしまいましたcoldsweats01

それから、この送る会の席、うまく使えば(sign02)とても良い手話学習の場にもなるのに、今回はもったいないことになっていましたdown

ろう者は全部で8人くらい来ていましたが、ろう者はろう者、聴者は聴者でかたまって話していることが多く、せっかくろう者と話す機会なのにぃぃぃぃbearingと、もどかしさを感じてしまいましたsweat02

中には、間に聴者を挟んで、その目の前でろう者同士が楽しい会話を繰り広げていて、間の聴者は目をパチクリwobblyなんてことも。

確かに、ろう者同士がバーッと手話で話しているその会話に、手話のおぼつかない人が入っていくのは簡単なことではないと思いますcoldsweats01

でもそこで躊躇していたら、いつまで経っても手話が上達することはないし、ろう者もそれなりの手話でしか話してくれませんgawk

ろう者同士が楽しそうに話していたら、「なになに??」と割って入っていっていって、自分も会話の仲間に入れてもらっちゃいましょうsmile

そして、分からない単語が出てきたら、どんどん聞いちゃいましょうdelicious

そこまでできないよぉbearing という人は、ひたすらろう者同士の会話を見つめて、分からなくても、見続けましょうpunch

そうすると目が慣れるだけでなくて、分かる単語をつなぎ合わせて文脈を構成し、「この単語ってこういう意味かも」というのが分かるようになってきますflair

たいていのろう者は、手話の上達のポイントについてこう言います。

「手話が上手くなりたかったら、聴者から積極的に話しかけるべき」と。

それと、送る会の時にろう者から言われたのは、

「明るさが必要sign03

ということでした。

「暗い表情の人とはあまり話したい気にはならないし、話していてもつまらない」

のだそうですsweat01

まぁ、それは聴者同士でも同じですよねsweat02

楽しいと感じれば会話は弾みますheart02

会話が弾めば、もっと沢山話しますrecycle

すると、知らないうちに手話が上達しますup

テキストと講師に向き合っているだけでは、手話は上達しない のだと思いましたpaper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ろう教育入門セミナー・その①

昨日参加してきた「ろう教育入門セミナー」について、内容や感じたことを書きたいと思いますpencil

まずは、今回のセミナーを通して、講師である米内山さんが言いたかったこととは??

私が受け取ったことをまとめてみたいと思いますup

①「教育=ガイド」である。

教育に大切なことは、教え込む・押し付けることではなく、大人(教育者)が根気よく待ち、子どもを導くことである。

その基本は、「手話」であること。

②教育場面におけいては、ろう者と聴者の役割が違う。

ろう児と対等に分かり合えるのは、やはりろう者。聴者は聴者として、聴社会についてきちんと教える。

ろう者と聴者がクロスして、ろう児の教育にあたるのが理想。

③「ろう者だから無理」と決め込むのではなく、「どうすればできるのか?」を考えることが大切。

その上で、乗り越えていけるようガイドする。

④学校(教員)・保護者・ろう児の3者がつながりを持って教育が行われるべきである。

学校でも家庭でも、ろう児にとって最適な教育を共に考え、ガイドしていく。

⑤教育に一番大切なのは「ハート」である。

⑥自分(米内山さん)ひとりで現在のろう教育を改革するのは無理。皆で考え、行動していきたい。

だいたい、上記のようなことだと思いますsweat01

こうして振り返ってみると、講演テーマでは「ろう教育入門」となっていますが、そういった内容は全く話されず、米内山さんの持論展開が内容となっていますねcoldsweats01

それはそれで良いと思いますpaper

しかし、

「じゃぁ、具体的に私たちはどうすれば良いの?」

「今やるべきことは?」

「現在・今後の課題は?」

今回のようなテーマにするのであれば、こういった内容も話されると良かったなぁと思いますnote

そうすると、米内山さんが言いたかったことの⑥を、参加した一人一人が真剣に考えやすくなると感じましたconfident

もう1つ、手話通訳者としての視点から感じたことも書きたいのですが、それはまた後ほどhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行ってきました

『東聴連 第2回ろう教育入門セミナー』というものに参加してきましたhappy01

講師は、米内山明宏さんでしたpaper

会場からあふれんばかりのすごい人wobbly

さすが、講師が米内山さんpunch

受付は13:00からでしたが、13:00前に私が会場に到着した時には、既に会場に用意された椅子は全てうまっていましたsweat01

急遽、2階席や追加の椅子を用意して下さったので、私も無事に座ることはできましたが・・・

詳しい内容については、後ほどUPしますdash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手話動画

左のリンクに、手話動画が見られるサイトを追加しましたflair

「静岡県聴覚障害者情報文化センター」のブログですhappy01

主に、月曜男さんという方の手話動画がアップされていますrecycle

動画の下には、訳文が掲載されているので、手話の学習もはかどりますよsmile

ぜひご覧くださいnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)