手話レク・ネタ帳

手話レク・その⑨

karaoke本日のレクkaraoke

あいうえお作文


★ゲームの概要★

5人1組のチームになり、あいうえお作文を手話で行う。この時、あるテーマについての作文にすると、より面白いflair


★ゲームの手順★

 ①5人1組を作るnotes 人数が半端な場合は、臨機応変にchick

 ②テーマを発表するon

 ③テーマに沿って 「あいうえお作文」 を作るpencil

 ④作文の手話表現を考えるbud

 ⑤チームで表現の練習を行うrecycle

 ⑥前に出て発表するfuji


★ゲームのポイント★

 《テーマ例》

  ● この夏の思い出、お正月の出来事などの季節もの

  ● スーパーで・・・ コンビニで・・・ など、身近な場面について

  ● 驚きの○○、感激の○○ など

 ・必要に応じて、作文をメモする用紙や筆記用具を準備するとスムーズ

 ・各チーム毎に 「あ行」 「な行」 等を変えても良いし、共通の行にして色々なパターンが出てくるのを楽しむこともできる。

 ・チーム毎にテーマを変えてもおもしろい。

 ・どの行について作文を作るのか、テーマは何かについては、チームの代表者がクジを引いて決めても盛り上がる。

 ・レクなので、作文の内容が真実であるかどうかは問わない。

 ・発表された手話表現が分からなかった人がいたら、そのままにしないで質問して解決する。

 ・発表された表現を見て、「この表現の方が合ってる」 とか、「こうしたらもっと伝わる」 とか、皆から意見を聞いても良い。表現力の向上につながる。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

手話レク・その⑧

karaoke本日のレクkaraoke

場面伝言ゲーム


★ゲームの概要★

ある場面が書かれた絵を見て、それを手話やジェスチャーを使って伝言していくゲーム。最後の人が、この絵をどれだけ忠実に再現できるかsign02

★ゲームの手順★

 ①5~6人のグループを作るcancer

 ②縦に並ぶ順番を決めるsignaler

 ③先頭の人だけ、お題の絵を見て覚えるeye

 ④伝言ゲームの要領で、覚えた絵の内容について、手話やジェスチャーで次の人に伝えるon

 ⑤2番目の人は、伝言を受けて3番目の人に伝えるrun

 ⑥伝言が分からない時は、質問するr-mark

 ⑦最後の人まで伝わったら、アンカーが伝言された内容を手話やジェスチャーで回答するpaper

 ⑧担当者は、お題の絵の状況と、近いかはずれているか判定するsandclock


★ゲームのポイント★

 ・お題の絵は、色々なジェスチャーや手話が出てくるものにする。

 ・初めは簡単な状況の絵にして、徐々に細かい内容にすると良い。

 ・描き方によって、手話の表現技術も磨けるので、どんな技術を向上させたいか考えながらお題の絵を作成すると良い。

  (例)

    ○ CLを強化したい

    ○ 位置関係の表現技術を磨きたい

    ○ 人と人との関係を表現する技術を磨きたい  などなど



| | コメント (0) | トラックバック (0)

手話レク・その⑦

karaoke本日のレクkaraoke

 漢字当てゲーム・パートⅡ

★ゲームの概要★

前回紹介した「漢字当てゲーム」を、手話レク③で紹介した「私は誰だろうゲーム」のやり方で行うゲーム。

★ゲームの手順★

 ①1枚の紙に漢字1字を書いたものを、必要な枚数用意するmemo

 ②一人に一枚、背中に紙を張るpaper この時、張る本人には見えないようにsweat01

 ③参加者は、担当者の合図で一斉にちらばり、誰か相手を見つけて、簡単に挨拶をする

 ④自分に貼ってある漢字について、どんなイメージか質問するon

 ⑤質問されたら、その漢字で思い浮かぶイメージを、1つだけ手話で答えるflair

 ⑥相手からの質問も聞いて、答えるrecycle

 ⑦数人に聞いて、自分の漢字が何か分かった時点で、担当者に答えに行くrun

★ゲームのポイント★

 ・出会った時に交わす挨拶について、お題を決めておくと、コミュニケーションが円滑になる。例えば、「自己紹介+好きな食べ物」 「自己紹介+最近のマイブーム」 「自己紹介+手話を始めたきっかけ」 等々・・・

 ・相手の質問に答える際に手話単語が分からない時にどうするかは、それぞれのサークルでルールを決めると良いと思う。誰かに聞きに行くのか、指文字やジェスチャーで乗り切るのか。

 ・とても早く終わってしまった人は、2回目にチャレンジすると良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手話レク・その⑥

karaoke本日のレクkaraoke

 漢字当てゲーム

★ゲームの概要★

ある1字の漢字について、その漢字のイメージを手話で表現し、回答者は何の漢字か当てるゲーム。

★ゲームの手順★

 ①回答者を除いて、横一列に並ぶ。回答者は、その列に向き合うように前に立つbud

 ②列に並んだイメージ発表者は、お題の漢字1字を見るeye

 ③端から順番に、お題の漢字が持つイメージ1つを手話で表現するgood 誰かが発表した手話はもう使えない。

 ④全員が発表し終わったら、回答者はそのイメージから、お題の漢字を考えて、手話で回答するflair

 ⑤正解したら、回答者をバトンタッチして、別の漢字で再びゲームするrecycle

★漢字のイメージ例★

 ・海→泳ぐ、太陽、砂浜、魚・・・などなど

 ・紙→書く、白、薄い、破る・・・などなど

 ・本→読む、文章、借りる・・・

★ゲームのポイント★

 ・チーム対抗で、正確に伝えられるかどうか競うのも楽しいgood チームによっては、ぜんぜん違う漢字に行きついたりもするのでsweat01

 ・1チームの人数は5~6人が良いrun 多すぎると、イメージが尽きてしまうdash

 ・発表の際には、その手話が確実に伝わるようにするpaper 特に、手話初心者が回答者に回った時は、その人が手話の意味をきちんとつかめるように、指文字や筆談の活用も考えるon

 ・イメージは思いつくがその手話単語が分からないという場合もあるので、「ヘルプ」制度を設けておいくflair 全体から一人ベテランさんをヘルパーとして選んでおき、どうしても分からない時はヘルパーに手話単語を聞きに行くrun

 ・「ヘルプ」の使用は「1チーム○回まで」と決めておくと良いtulip

| | コメント (0) | トラックバック (1)

手話レク・その⑤

 karaoke本日のレクkaraoke

 指文字しりとり

 ★ゲームの概要★

  指文字でしりとりをするという、簡単なゲームpaper 

  

 ★ゲームの手順★

  ①互いの指文字がよく見えるように座る(円、など)flair

  ②指文字でしりとりをしていくrecycle 皆が読み取れるようはっきりと表現するrun

  ③この時、手話の表現も確認すると良いgood

  ④5秒たっても続かない時は失格にするなど、時間制限を設けるbomb

  

 ★アレンジルールの例★

  ・3文字の言葉だけ、5文字の言葉だけ等、使う文字数を制限するban

  ・テーマを決めて、そのテーマにそった言葉だけでしりとりするcatface

  ・2分以内等、時間制限を設けて、その時間内にいくつの言葉が続けられるか競うhorse

  ・記憶しりとりapple 出された言葉を全て覚えて、つなげていくclip 

   (例)一人目:手話

      二人目:手話→割りばし

      三人目:手話→割りばし→鹿  などというふうに

   

 ★ゲームのポイント★

  ・ルールが簡単な分皆が取り組みやすいですし、アレンジしやすいnote

  ・普段あいまいになりがちな指文字の表現を、はっきり、きっちり、自然に行うことができますhappy01

  ・皆で取り組むので、間違った指文字などの指摘がしやすいgood

  ・表現された指文字を読み取れないメンバーがいたら、読み取れるよう、再度ゆっくり目に表現しなおすrecycle

 道具も必要なく、短時間でもとても取り組みやすいレクですねhappy02

 色々なアレンジをして、各サークルの特色あるルールを考えてやってみて下さいdelicious

 上記以外のアレンジもたくさんあると思いますpaper

 アイディアがある方、コメント下さいconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手話レク・その④

 karaoke本日のレクkaraoke

 並び替えゲーム

 ★ゲームの概要★

 あるテーマに関して、メンバーが互いに質問し合い、自分の順番を確定して、全員が順番通りに並び替えるゲームclip

 ★ゲームの手順★

 ①今日のテーマを発表するmemo

   《テーマ例》

     ・誕生日順birthday

     ・今住んでいる町名50音順house

     ・下の名前50音順wink

     ・好きな○○50音順japanesetea

 ②メンバー全員がごちゃごちゃになるtyphoon

  以下、テーマが「誕生日」の場合を説明しますflair

 ③出会った人に、手話で相手の誕生日を尋ねるrun

 ④答えを聞いたら、相手に質問してもらうrecycle

 ⑤互いの誕生日を確認できたら、お礼を言って次の人を探すeye

 ⑥数人とやり取りを繰り返し、だいたい自分の位置が分かってきたら、誕生日の早い人から円になって順番を作っていくleftright

 ⑦全員が並び終わったら、1月1日の人から順番に自分の誕生日を手話で表現していき、本当に順番通りに並べているかを確認するwink

 ★ゲームのポイント★

   ・メンバーのことを知ることができ、交流が深まるfuji

   ・質問文が決まっているので、手話の学習を始めたばかりの人でも、抵抗なくコミュニケーションできるhappy01

   ・数字の手話を自然に使うことができるsharp

   ・数字を正確に表現しないと、正確な順番に並び替えられないthunder

   ・最後に並べているか確認する時は、ろう者にチェックしてもらうと、正確な手話を身に付けられますよdelicious

   ・テーマ選びのポイントは、相手から聞き出さないと分らないことを設定することflair 見た目で分かるようなものは、モチベーションが下がってしまうsweat01

   ・テーマを色々に設定することで、使う手話の範囲を広げることができるnote

   ・全員でやっても良いし、2グループに分けて対抗戦にしても面白いsmile

    その場合、並び方は円ではなく直線にして、チーム同士で互いの表現が見合えるようにするbud

 次回のレクもお楽しみにheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手話レク・その③

karaoke本日のレクkaraoke

私は誰だろう?ゲーム

★ゲームの概要★

自分の背中に何の絵(言葉)が貼ってあるのか、当てるゲームcancer 当てるために、次々と質問していき、皆からヒントをもらいますflair

★ゲームの手順★

①テーマを決めておき、発表しますup

 《テーマ例》

 ・動物capricornus

 ・有名人tv

 ・乗り物ship

 ・食べ物restaurant  などなど 何でも良いと思いますhappy01

②本人には絵(言葉)が見えないように、背中に貼りますeye

③全員に貼り終わったら、スタートの合図をし、参加者がごちゃまぜになりますwave

④出会った人と自己紹介等をし、自分に貼ってある絵(言葉)を見せ合います。

⑤この絵(言葉)が何かをあてるために、一人に対して一つだけ 手話で 質問をしますon この時の質問は、答えが 「はい」か「いいえ」になるような質問 でなければいけませんgood 手話が分らなくても、指文字やジェスチャーを駆使して、何とか伝え合うようにしましょうnote

  《質問例》・・・テーマが「有名人」の場合

 ・私は男ですか?

 ・私は、テレビに出ていますか?

 ・私は、お笑い芸人ですか?

 ・私は、私は歌手ですか?

サークルの工夫で、「はい」か「いいえ」以外の答えが出るような質問の仕方に変えて良いと思いますhappy01

⑥自分の背中に貼ってある絵(言葉)が分った時点で、担当者に答えに行きますrun 違っていたら、再び誰かに質問しに行きましょうsign03

⑦正解した人は席に座りますbud

★このゲームのポイント★

・ルール説明の際に、実演するなどして、質問の仕方を念入りに確認するeye 特に、「質問する時の表情」について触れると、ゲームに学習要素を含めることができますsmile

・質問に対する答えは「はい」か「いいえ」のみで、具体的に答えない。

 bomb悪い例・・・私は男ですか?→違います。すごくきれいな女の人で、昨日のテレビに出ていたよ。

・自分の絵(言葉)が何なのかを導き出すために色々な質問をする必要があり、手話表現を自分で考え出すことができるflair

・分らない手話があっても、自分なりに工夫して相手に伝えようとすることで、伝わる喜びや、伝えようとする気持ちの大切さが感じられる。

・人と出会うたびに自己紹介など簡単なコミュニケーションを取るようにし、交流もできるようにするrecycle

・学習にも使い回しが利くので、絵や言葉が書いてある紙は何パターンかストックしておくと良いと思いますpaper

では、次の手話レクもお楽しみにheart02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手話レク・その②

karaoke本日のレクkaraoke

指文字ステレオゲーム

★ゲームの概要★

ある単語を、その文字数分の人数で一斉に表して、それを読み取ってもらうというゲームですflair たとえば、「カ・タ・ツ・ム・リsnail」なら、5人必要で、一列に並んだ端から、一人1文字ずつ担当しますup

★ゲームの手順★

①輪になって座り、ルール説明を行う。実演すると、分りやすいpaper

②端から必要な人数を前に呼び、表現する単語を紙などに書いて指示pencil(単語カードを事前に用意しておくとスムーズ)

③前に横一列になって並ぶrunrunrun

④「3・2・1sign03」の合図flairで、それぞれ自分の担当の指文字1字を一斉に表す。

⑤見ている人で分かった人には挙手してもらい、前に出て、指文字と手話でその単語を答えてもらう。手話が分らない場合は、ろう者に教えてもらう。

⑥分った人が少ない場合は、もう一度表す。

⑦正解したら、次の単語に。

★このゲームのポイント★

・少ない文字数の単語からスタートすると、徐々に読み取りが慣れる。

・テーマを決めておくと、読み取りのヒントにもなる。

・上級編として、促音 (小さい「っ」) や幼音 (小さい「ゃ・ゅ・ょ」) も入れる。

・文字数が増えてくると読み取りが難しくなるので、頭を使う。

・回答する時は、指文字と手話で回答し、手話単語の学習にもなる。

例です↓ もしよかったらやってみてくださいhappy01

 テーマ「動物」

2文字 「さる」、「ねこ」、「うま」

3文字 「きりん」、「うさぎ」、「ゴリラ」

4文字 「ライオン」、「ペンギン」、「にわとり」

5文字 「かぶとむし」、「カタツムリ」・・・

テーマ例 乗り物、果物、野菜、スポーツ、県名、国名・・・

手話レク・③もお楽しみにheart02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手話レク・その①

手話レク・その① ということで、私なりにアイデアを綴っていこうと思いますwink

改めて文字に起こしてみると、ムムム。。。難しいものですねぇgawk

karaoke本日のレクkaraoke

単語 思い出しゲーム

★ゲームの概要★

例えば、指文字の 「ひ」 の手の形を使った手話単語を、できるだけ多く見つけようsign03 というゲームですshine 指文字「ひ」の手形を使った単語には、次のようなものがありますねnotes

 ・行く ・見る ・聞く ・言う ・赤 ・白 ・うそ ・試す ・思う ・考える ・簡単 ・年

 ・会う ・合う ・繰り返す ・手話 ・うらやましい  などなどなど。。。

★ゲームの手順★

①本日の「手の形」を発表する

  何でも良いのです。これを考えること自体、手話力の向上にもつながりますflair 指文字でも数字でもbaseball

②輪になって、一人ひとつ、手話単語とその意味を発表していく

  この時、全員が確実に見て、確認できるようにしますeye その単語を知らないメンバーがいれば、その人が分かるまで解説した方が良いと思いますpaper

③思いつかない場合は、輪から外れて終了。見学しながら知らない手話単語を学ぶ

  何秒間発表できなければアウトbomb と決めておくと良いですねnote

④最後まで発表し続けられた人がチャンピオンですevent

⑤まだ誰も発表していないが、「こんなのもあるねsmile」と全員で考える

★このゲームのポイント★

・同じルールでも、手形を変えることで、色々なアレンジがしやすい

・短時間でもできるsnail

・手話初心者も上級者も、ともに発見があるdanger

・上級者が有利upと思われがちですが、案外そうでもないのが面白いところです。時間制限によって焦ると、意外と出てこなかったりしますsweat01

・手話単語数のUPに使えるbud

・ろう者も一緒に楽しめるsnow

・ろう者から、いわゆる「ろう風表現」を引き出しやすい。手話学習者にとっては、表現と読み取りの幅が広がりますねconfident

もしも、サークルで挑戦されて、「ここがうまくいかなかったdash」「こうした方が良かったbearing」などの感想があれば、ぜひぜひ教えて下さいflair

あくまでも私見ですから、参考程度に・・・coldsweats01 もっと良い工夫やアイデアがある方は、コメントいただけると嬉しいですheart02

こんな感じで、これからも不定期で「手話レク」を書いていこうと思いますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手話レクのあり方

手話レク」について、考えてみましたflair

まず、手話レクを行う上で、これに注意すれば良いレクになるのではsign02 と考えた内容を挙げてみますpaper

pig たかがレク、されどレク。やりかた次第でとても楽しく、効果的なものにできるのだsign01という意識を持ってレクに取り組むこと。単なるお楽しみや、時間の埋め合わせにしては、もったいないですsweat01 

pig レクにアレンジを加える。世の中には、色々なゲームやレクがありますが、それをただ手話でやるといった方法では、前回述べたように「ろう者が付き合わされる、楽しめないレク」になってしまうと思います。必要に応じてルールを少し変えたり、付け足したりといった作業を行うことで、より良いレクができるのではないでしょうか?

pig レクの目的をはっきりさせること。指文字を強化したいのか、表現力・読み取り力を向上させたいのか、手話単語数を増やしたいのか、積極的にコミュニケーションできるようにしたいのか、等など。目的があることでレクのアレンジがしやすくなりますし、効果のあるレクができると思いますclover

pig レクの担当者で、打ち合わせをきちんと行う。 

目的を考える→レクを考える→アレンジ→ルール説明の仕方を考える→実施→反省会 

こういった一連の流れを作り、レクも学習会と同じくらい力を入れても良いのでは?と思うのですcoldsweats01 また、この流れの中に、ろう者が加わることも大切だと思います。

pig ルール説明をきちんと行う。手話で説明するだけではなく、模造紙や黒板にルールのポイントを書いたり、実演したりして、参加者全員がルールを共通理解することが大切だと思います。ルールが分からなければ、その先のゲームを楽しむことはできません。また、分り易くルールを説明するためには、それなりの技術が必要ですから、担当者がルール説明にも気をつかうことで、担当者の手話力も向上するのではないかと思います。

pig どんな手話レベルの人でも取り組めるレクにする。手話上級者はとても楽しいけど、手話初心者にとってはついていけないレクでは、会のまとまりもなくなりますし、全員が心から楽しめないと思うのですbearing

pig 発見があるレク。手話初心者も上級者も、思わず「へぇ~flair」と言ってしまうような、新しい発見があったり、今まで見落としていたことに気づくレクは、誰もが楽しめるものになると思います。

pig 時には、しゃべらない、手話も使わないレク を行う。こういったレクを行うことで、言語に頼らないノンバーバルな部分、つまり、表情や表現力、CL、「何が何でも伝えたいsign03」という気持ち、が鍛えらえられるのではないかと思います。 

pig そのサークル独自の「レクネタ帳」を作成する。ネタ帳を作成すれば、レクもどんどん蓄積されていくし、後で振り返ってそのレクをアレンジすることもできますcatface 突然担当者に指名されても、抵抗なくレクを進行することができますwink

pig 同じレクでも、何度か繰り返して取り組む。担当者も参加者も、前にやったことがあるレクだと取り組みやすいものです。ただ、マンネリ化が問題なので、テーマを変えるとか、ルールを少し変える、等のアレンジは必要ですnote

pig レクに関する書籍やホームページを参考にする。もちろん、手話レクに関する書籍やホームページは少ないですから、一般向けのもので良いと思います。ただ、これをそのまま手話レクに応用しては効果も半減なので、やはりアレンジが必要ですtyphoon

レクリエーションに関する書籍は、アマゾンなどのサイトでたくさん出てきますbookshine

レクリエーションゲーム100―一番わかりやすい (主婦の友ベストBOOKS) (主婦の友ベストBOOKS)

著者:小山 混

レクリエーションゲーム100―一番わかりやすい (主婦の友ベストBOOKS) (主婦の友ベストBOOKS)

これらのことを踏まえ、次回以降、具体的な手話レクネタを書いていこうと思いますsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧