« 赤ちゃんと話そう | トップページ | 第1回 AKA‐HANA »

現実逃避

こんばんは、だんなです。

今は職場で通知表を書いています。

まぁ今はブログを書いているので現実逃避です。

もうすぐ12時です。

1時までには終わらせて帰りたいです。

ここで少し、今日感じたことを・・・

ろう学校の先生。

手話やろう者(聴覚障害者)やそれを取り巻く環境を全く知らないでろう学校に来る先生がいます。

というかそういうケースがほとんどではないかと思います。

・・・それでいいのか・・・

本当はよくありません。

私は、まず手話を覚え、多くのろう者とや多くのろう児、その保護者と接し、ろう学校教員を志し、ろう学校の免許を取り、覚悟をしてろう学校の教員になりました。

覚悟のあるなしは大きいです。

ろう学校の先生になる覚悟。

私は高等部の教員ですが、聴覚障害児が高等部に来るまでに、いろんなことを背負ってきます。

高等部でさらにいろんなことを背負って、社会に出ていきます。

社会に出ていけば一人で生きていかなければ成りません。

いろんなことがありすぎて、重すぎて書き表せませんが、

覚悟。

書いていたら12時になってしまいました。

あと1時間くらい頑張ります。

|

« 赤ちゃんと話そう | トップページ | 第1回 AKA‐HANA »

だんな」カテゴリの記事

コメント

うう、私のことかと思いました。
初年度はの私は、本当にひどかったと思います。「手話ができなければ、人にあらず」と言う雰囲気を感じて、つらくもありました。一方で、年配の先生や若い先生方からは背中から学ばしてもらうことが多く、暖かく接してくれて嬉しかったです。
その後、育休に入る度に手話サークル、講習会に通うことができ、だんなさんのブログからもいろいろなことを勉強しています。
まとまりのない文章になりました。これからも、ブログを楽しみにしています。

投稿: モーリン | 2010年7月13日 (火) 11時52分

いつもコメントありがとうございます。

モーリンさんは先生をなさっているんですか?

ブログを楽しみにしてくださるとのこと、ありがとうございます。

ここずっとブログを書くペースが落ちていますが、少しずつ書いていきたいと思います。

投稿: だんな | 2010年7月14日 (水) 20時09分

はい、私もろう学校の教師です。
さて、ペースも今のままでいいと思います。
だんなさん、ぐりたろうさん、どちらの記事もとても楽しいです。

投稿: モーリン | 2010年7月16日 (金) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1093832/35708331

この記事へのトラックバック一覧です: 現実逃避:

« 赤ちゃんと話そう | トップページ | 第1回 AKA‐HANA »