« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

ヤングボランティアセミナー

こんにちは、だんなです。

昨日、I県にある青年の家の主催事業である「ヤングボランティアセミナー(通称ヤンボラ)」に講師として参加してきました。

ヤンボラでは、I県の高校生を対象に、ボランティアについて学んだり実習したりということを毎年行っています。

昨年、3年前にも講師をやらせていただきました。

今年は、手話やコミュニケーションについてお話してほしいとの依頼を受けて、ぐりたろう(妻)と娘と3人で行ってきました。

簡単な流れを作ったので、もしよろしければ参考にしてください。

小学校の総合学習にも使えると思います↓

ヤングボランティアセミナー⑩

午後のコマは私たちが担当して、夜のコマは聴覚障害学生2人(私の後輩)にお願いしました。

夜のコマでは、聴覚障害や聴覚障害者とのコミュニケーション方法について話をしてもらいました。

次は6月にやります(同じ内容で)。

記事数300になりました☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベビーサイン

こんばんは、だんなです。

ミニぐり(娘)も大きくなり、最近はサインも増えてきました。

今はっきり分かっているのは↓

・「ちょうだい」、「~してほしい」→手をたたく

・「オッパイ」「ごはん」→両手の人差し指を立て、口へもっていく

・「犬」「くま」「うさぎ」「ミッキー」「プーさん」→両手をグーで頭にもってくる

・「ねこ」→手話に近い形

・「たぬき」「ゴリラ」→お腹をパーで叩く

・「カエル」「アンパンマン」→グーで両頬を叩く

・「本」→本が開いている形

・「花」→手をグーパーグーパーする

・「電気」→手を挙げグーパーグーパーする

・「ちょうちょ」→両手をバタバタさせる

・「おいしい」→手話と同じ。両手でやるときも。

・「もしもし」「電話」→手話にちかい

・「ねんね」→手を耳元にもっていく

・「シーシー」→片手でお腹をたたく

・「あそぶ」→人差し指を立てた両手を胸の前で振る

・「よしよし」「良い子」「かわいい」→自分の頭をなでる

などなど。

結構コミュニケーションがとれておもしろいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ろう学校教員の手話③

こんばんは、だんなです。

↓という論文を読みました。軽く。

「日本の公立ろう学校教員の労働負荷から見た日本手話受容の問題」

http://ci.nii.ac.jp/naid/110007528430

確かにろう学校だけではなく、日本の教員はとても忙しいです。

(一部の教員はひまそうですが。)

私も毎日のように勤務時間が12時間を超えます。

さらに土日には部活も・・・

だから手話は下手でいい。という問題ではありませんね。

私は、学生時代に、「手話通訳者全国統一試験」を受けて合格しました。

私は、教員一年目で「手話通訳士試験」を受けて合格しました。

ようは覚悟とやる気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »