« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

手話通訳士・合格への道⑬

micoさんから以下のようなコメントをいただきました↓

「読み取り試験の映像のスピードはどれくらいですか?」

この質問に答えつつ、合格への道⑬としたいと思いますnote

スピードは、それほど速くないと感じました。
具体的にどれくらい、と表現すればよいか迷いますが、アトムさんや月曜男さんの手話スピードと大差はないと思います。

しかしネックはスピードではなく、手話の抑揚や間、ろう者個人のクセといった、 「質」なのかなと感じました。

アトムさんや月曜男さんの場合、見てくれる人をかなり意識して、語りかけるように手話で話していますよね。

そこには間や迷いもあるし、「本当に私と話してくれているみたい!」とさえ感じますlovely

それに、アトムさんや月曜男さんの手話は、見慣れていますよね

でも、試験映像の場合は、そうではありません。

これは想像ですが、おそらく文字化された原稿があって、それに基づいて手話で話しているので、自然なろう者の手話でありながらも、どこか淡々としていて、間が幾分不自然なのではないでしょうか?

厳正な試験に使う映像ですから、撮り直しや推敲も重ねているだろうし・・・

それに、初めて見るろう者の手話ですから、読み取りにくくて当然ですthunder

ろう者大会の開会宣言とか、挨拶とか、公の場で話される手話も、不自然ですよね。

あれも、文字化された原稿があるからで、やはり、日本語と日本手話の相容れなさを感じるのです。

ただ、試験映像で使われている手話単語自体は、特異なものや難解なものはないと感じます。

手話ニュースの手話とは全然違うと思いました。手話ニュースの手話は、これまた特殊というか・・・
限られた時間の中で膨大な量の情報を正確に伝えなければならないですから、スピードはかなり速いですよねgawk

表現も、普通にろう者と話している分には使わないような表現がたくさん出てくるしsweat02

ただ、手話ニュースは目を慣らすためにはとても良いと思いますgood
それに、参考になる表現もたくさんありますup
あれについていけるようになれば、もう合格を勝ち取ったも同然sign02

当日読み取り通訳を乗り切るコツとしては、

●分からない単語が出てきても、何事も無かったかのように落ち着いて読み取り続ける

●文脈を手がかりにする

●とっぴな単語が出てくることもあるので、そこで「んん???」と考えすぎない

●頭を柔らかくして映像を見る

学習としては、色々なろう者の手話を見ることが大切ではないでしょうかflair

『手話・この魅力ある言葉』 という映像集をご存知でしょうか?

これも、一般のろう者がたくさん出演しているので、幅広い手話にお目にかかれますhappy02

| | コメント (3) | トラックバック (0)

復活!!

4月15日に、元気な女の子を出産しましたscissors

20日ほど経ち、ようやくパソコンにも向かう余裕が出てきましたhappy01

出産の感想を一言で言うと・・・・・・

「楽しかったhappy02heart04

ですfuji

産んですぐに、二人目が欲しいなぁと思ったくらいcatface

まぁ、一先ず、はっち(娘)の子育てに専念しますが・・・sweat01

詳しい感想や出産奮闘記は後日追々アップしていきますup

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »