« お別れのあいさつ | トップページ | ★完成品・第9号★ »

手話の個性・・・

こんにちはsoccerまたまただんなですpaper

今日は聾学校で用いられている手話についてちょっと

聾学校というのは、ほとんどの場合少人数ですschool

1クラスに多くて6人ぐらいですtennis

クラスも少なくて、多くても1学年3クラスほどだと思いますbaseball

なので、幼稚部~高等部までずっと同じクラスというのも珍しくないのが聾学校ですeye

それでもやはり一人一人の手話は違うもので、不思議に感じることがよくありますchick

聴者も話し方は違うではないかといわれればそうなのですが、聴者の話し方の違い以上にろう児一人一人の手話は違うと感じますpig

幼稚部から同じクラスでずっと同じ環境で育ってきているのだから同じような表現でもよさそうなのですが本当に多様ですsun

同級生にデフファミリーの子がいると、その子の家に遊びに行くうちに手話を覚えるという話もありますが、必ずしもそうであるとはいえないようですdenim

「ろう学校における手話表現の違い」を同学年・異学年との比較を通して研究してみたいものですcoldsweats02

「ろう学校の手話」といえば、はやりのようなものが存在しますfuji

それについてはまた今度書きますpencil

お楽しみにpaper

|

« お別れのあいさつ | トップページ | ★完成品・第9号★ »

だんな」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1093832/28636466

この記事へのトラックバック一覧です: 手話の個性・・・:

« お別れのあいさつ | トップページ | ★完成品・第9号★ »