« ろう教育入門セミナー・その① | トップページ | ベビちゃん♪ »

ろう教育入門セミナー・その②

前回は、講演についての内容や感想を書きましたpaper

今回は、「手話通訳者」としての視点から、今回の講演会を振り返ってみたいと思いますbud

頭の半分は講演の内容把握に、もう半分は、手話通訳の分析に使っていたように思いますfish

今回の講演会で一番感じたのは

「米内山さん、早口だから読み取り通訳が大変だなぁ・・・sweat02

ということですsweat01

バリバリの日本手話でたたみみかける様に語りますから、そりゃもう大変そうcoldsweats01

通訳さんは事前に資料をもらっているんだろうけど、こんな内容の資料なのかぁ・・・と若干心配にcoldsweats02

米内山さんは、普通に早口なんですけれども、「見れば意味は分かるけど、日本語に訳すと長いのよねぇ」という単語を多用しますからねbearing

具体的にどの単語、ということは記憶にないのですが・・・coldsweats01

そんな調子ですから、読み落とした個所のフォーローをする暇なんてないようでしたdown

私が通訳として入っていたら、エライことになりそうですshockdash

ところで、今回の通訳さんが上手いなぁと思ったのは、

 ①米内山さんの「熱っぽさ」がよく声色に出ていた

あの米内山さんの語り調をサラッと訳してしまったら、彼の気概は半分も伝わらなかったと思いますwobbly

でも、今回の通訳さんは、抑揚をつけたり、声の大小やピッチを変えたりして、うまく米内山さんの手話を音声とつなげていたと感じましたgood

 ②突発的に話すジョークの通訳が上手かった

即時性もあるし、教育論を話している時の声色とも変えて、本当にジョークっぽく通訳されていましたlovely

この2点は、本当に見習いたいですねconfident

さすが、東京都の通訳ともなると、レベルは高いなcoldsweats01

もっとこうすると分かりやすいかなぁ、という点は以下ですが、どれにも共通しているのは、

表された手話をそのまま意味の通る日本語に訳すのではなく、日本語話者が聞きなれている表現に置き換えて通訳する

ということですpaper

そうすることで、通訳した音声言語は短くなるので話されている内容から大きく遅れるという事態が防げるし、内容もぐっと把握しやくすなると思いましたcatface

具体的には↓

 ①慣用句を使う

例えば、

「先人達は、色々と変えたい変えたいと思って必死に頑張って、でも出来ずに亡くなっていった人たちは沢山いる。」

というような内容があったのですが、

「先人達にも、志半ばで去ったがたくさんいる。」

というようにですflair

 ②漢語をうまく使う

漢語に言い換えたり、付け加えたりすると、スルッとまとまって良い感じになると思いましたrecycle

例えば、

(聴力レベルで学校を振り分ける、というようなないようの場面で)

「あなたはこちら、君はこっち、次の人はそっち、というふうに分けていって」

というところを、

機械的に振り分ける」

という一語を入れると、よりスッキリと分かりやすくなるような気がしますup

 ③独特の日本語を交える

日本語特有の表現というか、上手い表現ってありますよね?

慣用句ではないんだけど、その一語で、意味がスッと通るというようなnote

たとえば、こんな具合に

「ろう学校の教育が悪いのは全部教員のせいだと責任を押しつける。」→「まるなげ」

「聞こえないからムリ、と断られた。」→「門前払いされた。」

というようなshine

こんな風に偉そうに語ってすみませんcoldsweats01

自分は、そんなに通訳が達者なわけでもないですし、いざ通訳場面に入ったら理想通りには出来ないでしょう・・・

でも、客観的に見ている・聞いているからこそ感じられたこともあって、これを今後の私の通訳に反映させて行きたいと思っているので、あえて書き記しましたpencil

|

« ろう教育入門セミナー・その① | トップページ | ベビちゃん♪ »

手話通訳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1093832/28048384

この記事へのトラックバック一覧です: ろう教育入門セミナー・その②:

« ろう教育入門セミナー・その① | トップページ | ベビちゃん♪ »