« 手話通訳技術の向上 | トップページ | お歳暮 »

見極め

これまで、短いながらも手話と関わってきて、一つ分かったことがありますpaper

それは・・・

「こちらの手話レベルがいかほどか、ろう者は会って話した瞬間に判断する」

ということですflair


私たち夫婦は、在住地域以外の手話サークルに突然遊びに行くのが好きですhappy02

これまで、色々な地域のサークル、30以上はお邪魔したでしょうかdash

快く受け入れてくださった皆さん、本当にどうもありがとうございますm(_ _)m


サークル部屋に飛び込んで、目が合った初対面のろう者と話した瞬間、相手はこちらの力量を見極めるようで、とても会話が弾むことが多いですdelicious

特に、だんな様は、

「ろう者かと思ったよcoldsweats01

と言われることが多く、「ろう者か?聴者か?」と聞かれるまで、聴者であることに気づかれないほどですsweat01


何が言いたいかと言うと・・・

前回の記事で、

「手話通訳者としての条件の一つに、ろう者と対等に会話できること。」

という内容を書きましたが、話す時にこちらがどういった印象を与えるかによって、ろう者の手話が違ってくると思うのですpunch

つまり、こちらが 「ろう者が配慮しなくても会話が問題なくできるような手話レベル」 である、という印象を与えない限り、ろう者は気を遣って(sign02)配慮した手話で話すのではないでしょうかbearing

そうすると、対等な会話をするまでに時間がかかります24hours

対等な会話時間を多く持つためにも、話した瞬間に、ろう者に「この人とは手話レベルを合わせなくても話せるぞsmile」と思ってもらいたいですねheart02

まぁ、そうなるまでに時間がかかるんですがね・・・coldsweats01



|

« 手話通訳技術の向上 | トップページ | お歳暮 »

手話通訳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1093832/25811531

この記事へのトラックバック一覧です: 見極め:

« 手話通訳技術の向上 | トップページ | お歳暮 »