« 手話サークルへ | トップページ | ホームステイ大作戦④ »

ホームステイ大作戦③

デフファミリーのお宅に、ホームステイしようじゃないかnote

今回は、ホームステイで体感できること・得られることはどんなことか、考えていきたいと思いますflair


★ろう者同士の手話会話のスピード感

以前、会議場面の手話通訳のことを書いた時にも書きましたが、ろう者同士が普通に会話する時のスピードは、手話学習者にとってはとても早いですsweat01 

でもそのスピードは、聴者同士が会話する時のスピードに等しいと思いますflairつまり、ろう者にとっては当たり前のスピードなわけですpunch

このスピードについていけるようになれば、手話のレベルは間違いなく上がりますsign01

サークルの時と家庭の時では、手話のスピードが明らかに違いますし、表現も違います。

ろう者がサークルで使っている手話が、いかに不自然かということが分かると思います。

また、自分の読み取り能力の低さ(甘さ)も実感できると思います。

サークルでは会話できていたのに、ろう者同士の会話に加わることができない・・・bombという事態も、あります。

それは、サークルでろう者が聴者に対して使う手話は、得てして「配慮した手話」であるから、それまでに触れていた手話は真の意味での自然な手話ではなかったということだと思いますwave


★ろう文化・ろう者の生活様式

よくあるものでは、パトライトやフラッシュランプなど、日常生活用具を見ることができます。

目覚まし用品や朝の起き方もチャンスがあれば見てみましょう。

運が良ければ、手話での寝言も見られるかもsign02

テレビも、音を出さずに普通に見ます。もちろん、字幕付きで。

また、「ホームサイン」も、ろう文化の1つと言えると思いますpencil

各家庭で様々ある、「ホームサイン」。なかなかお目にかかることはないと思いますが、デフファミリーに入ると、日常で使われている場面を見ることができると思いますflair


明日は、以下2項目について書きたいと思いますhappy01

★子どもやおじいちゃん・おばあちゃんなど、サークルでは会えない年齢のろう者と会話できる

★「手話って本当に声がないんだな」と実感



|

« 手話サークルへ | トップページ | ホームステイ大作戦④ »

手話サークル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1093832/26076403

この記事へのトラックバック一覧です: ホームステイ大作戦③:

« 手話サークルへ | トップページ | ホームステイ大作戦④ »