« テキスト作成② | トップページ | 最近の悩み »

テキスト作成③

今回から何回かに分けて、入門~通訳まで、レベル別のテキストを作成するためのヒントになるような事を考えていこうと思いますhappy01

本日は、入門編ですpen

手話に興味があって初めてサークルに足を運んできた人たちが何を学ぶか・・・

最初に 「手話って面白いhappy02」 と思える内容が良いですねheart04


①講義

  ・手話とは?(地域によって方言がある。世界共通ではない、等)

  ・地域の聴覚障害者団体について

  ・ろう文化の存在と概要

  ・ろう者の特性(コミュニケーションに口形や表情が大きな役割を担っていること、等)


②実技

  ・自己紹介の仕方(名前、住所、出身地、誕生日、家族構成等)

  ・指文字

  ・数字の表現の仕方

  ・手話単語には口形を付けることを学ぶ

  ・表情について

  ・分からない手話単語がある時の聞き方


入門グループに所属する期間は、長くても1か月くらいかと思うので、内容はごく基本的なことで構わないと思いますflair

入門でいきなり難しいことをやってしまうと、入ったばかりの人は分からないことだらけで頭がバクハツしてしまい、手話をおもしろいと感じている余裕がなくなりますsweat01

コミュニケーションって楽しいnotes そう思えるように、柔らかい雰囲気作りも大切ですねspa

それから、どんな些細なことでも質問して良いんだよ、という雰囲気も大切ですpaper


私が手話を始めたばかりの頃、とにかく質問しまくっていましたdashdash

その分なかなか学習が予定通りに進まないのですが、結果的に、後に繋がる深い学習ができたと思いますconfident


テキスト作成のヒント、まだまだ続きますup



|

« テキスト作成② | トップページ | 最近の悩み »

手話サークル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1093832/25080064

この記事へのトラックバック一覧です: テキスト作成③:

« テキスト作成② | トップページ | 最近の悩み »